岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

これで簡単作成!WordPressの企業向けの無料テーマ3選

ホームページやブログでよく使われるWordpressは、テーマを使うことで様々なデザインのサイトを比較的簡単に作ることができます。そして、テーマはいろんなサイトで配布されており、誰でも有料/無料で使うことができます。

個人向けのブログだけでなく、企業向けのサイトもテーマを使って簡単に作ることができます。

 

企業向けテーマを選ぶなら、条件をまず確認

企業向けサイトに利用するためには、いくつか条件を確認しておく必要があります。それが以下の条件です。

  • 商用利用&改変可能であること
  • レスポンシブデザインであること
  • カスタマイズしやすい作りになっていること

 

商用利用&改変可能であること

まず一番重要なのは商用利用であり、改変可能であることです。これが条件として明確になっていないと、ビジネスに使えません。

 

レスポンシブデザインであること

レスポンシブデザインとは、一つのテーマファイルでPCやタブレット、スマホでそれぞれ適したレイアウトで表示してくれる手法のことです。

レスポンシブデザインに対応したテーマだと、勝手にPCやスマホに最適な表示をしてくれるので、それぞれのユーザーに見やすいサイトを作ることができます。

レスポンシブデザインとは|レスポンシブWebデザイン|RWD|responsive design – 意味/定義 : IT用語辞典

 

カスタマイズしやすい作りになっていること

テーマのデメリットは、誰でも使えるがゆえに、オリジナリティが失われやすいということです。そのため、テーマカラーやロゴなどいくつかの要素を工夫することで、オリジナリティを表現します。

テーマの中で、カスタマイズしやすいようにメニューが工夫されていたり、設定項目が細かく設けられていると、自社の特長を表現したサイトにすることができます。

そして、あまり慣れてないのであれば、日本語のテーマで無料のものが良いと思います。日本語であればカスタマイズも理解しやすいですし、何か困ったら検索してもヒントがある可能性が高いです。

 

無料&日本語対応テーマ

今回ご紹介するのは、上記条件に合致するものです。

 

テンプレートキング

クラウド型レンタルサーバーなどを手がけるファーストサーバーが提供する、無料テーマです。複数のテーマが提供されているので、イメージや用途に合わせて選ぶことができます。

WordPress用「ベーシックデザイン 会社案内系 ブルー(C01)」|テンプレートキング by ファーストサーバ

テンプレートキング

 

micata(ミカタ)

ブログ用テーマで有名になった「STINGER」が、企業向けにアレンジされたのがmicata(ミカタ)です。見やすい表示やSEO対応など、STINGERの特徴を引き継ぎつつ、企業向けに電話番号の表示やトップページのアニメーションなどの機能が提供されています。

無料 ホームページ作成 – テンプレ―トで自分で作る micata(ミカタ)

micata

 

BizVector

無料で提供される企業向けテーマとしては、長い期間提供されているものです。特徴は管理画面のわかりやすさで、専門用語などを極力排除し、不慣れな人でもわかりやすい操作ができるようになっています。

【無料】BizVektor [ ビズベクトル ] 企業サイト向けスマホ対応レスポンシブWordPressテーマ(テンプレート)

BizVector

 

無料テーマには限界があることも知っておこう

無料テーマは、簡単にお金をかけず導入できるのが良い点ですが、カスタマイズで困った時にサポートしてもらえない、独自性を高めるにはやはり限界がある、などのデメリットもあります。

無料テーマで慣れて、物足りないと思ったら次のことも考えましょう。

 

高いデザイン性とサポートを得るなら有料テーマ

有料テーマを提供するサイトもいろいろあります。有料テーマの特徴は、高いデザイン性を持ったテーマが多いことと、サポート体制が充実していることが挙げられます。

そのため独自性を発揮しやすく、細かいカスタマイズなどで困った場合もサポートしてくれます。

 

よりこだわるなら、独自テーマの制作を依頼

それよりもさらにこだわるなら、企業に独自テーマの作成を依頼しましょう。お金はかかりますが、独自性もサポート体制も有料テーマより手厚く得られることでしょう。

WordPressは、CMSの中では6割という圧倒的なシェアを誇っており、サイトを充実させてくれます。自分の目的にあったテーマを選び、ぜひビジネスに貢献するサイトを作ってみてください。