岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

ローカルSEOで効果を出すためにまず考えること

SEO対策の1つに、「ローカルSEO」という考え方があります。あるいはMEO(Map Engine Oprimization)と呼ばれたりします。

ローカルSEOというのはその名から推察できる通り、場所に関する検索が行われた時に、自分の会社やお店を上位に表示するための対策になります。

ここで重要なのは、自社のビジネスの商圏をどう定義し、ウェブサイトに反映するかということです。

 

自社のビジネスに関連する地域をキーワードに含めよう

ローカルSEO対策は、自社のウェブサイトに「地名」を関連づけることから始まります。何も地名等が入っていない、会社の住所なども書いていない場合は、ちゃんと記載しましょう。

自社の会社やサービスに関する「地名」を考える時、どういうキーワードを考えますか?おそらくは、次のような観点ではないでしょうか。

  • 自分の会社やお店がどこにある住所
  • 自社のビジネスで対象となる地名(商圏)

一つ目は、飲食店や小売店など顧客を呼び込む業態です。この場合は、特にそれほど迷わないでしょう。

注意が必要なのは二つ目です。こちらは、営業を伴う業態やBtoBのビジネスモデルが対象になるでしょう。この場合、ローカルSEOのターゲットを住所として考えるには注意が必要です。

例えば、岐阜県と岐阜市では当然対象とする地域が異なります。岐阜市の方が地域が絞り込まれていますよね。自社の商圏から考えると「岐阜県」が正しいものの、最も顧客が多いのは「岐阜市」だとして、この場合は対象のキーワードを「岐阜県」「岐阜市」のどちらにすべきでしょうか。あるいは、「岐阜」とする方法もあります。

これらをどう選択するのかが、地域名でいかに検索ヒットするかの要点になります。

 

ユーザーが検索するのはどういう地名か

次に重要になるのは、自社のサービスを検索するときに、ユーザーがどういう風に検索ワードを想起するかです。何かビジネスをしている会社を探したりとか、お店を探すときに、どういう地名を想起するかを把握して、ローカルSEO対策をする必要があります。

ここで、一つジレンマが生まれます。ユーザーが検索する地名が、自社の商圏と合致しない場合があるからです。

一般的にエリアを広くとらえるほど、ユーザーはそのような検索はしなくなります。自分のことを考えると、ローカルの企業を探す時に、「東海三県 ◯◯◯」とは検索しないですよね?それよりは「愛知県 ◯◯◯」と検索すると思いますし、もっと具体的に「春日井市 ◯◯◯」と検索する方が、具体的に絞り込めますよね。

なので、自社の商圏が広いからといって、広いエリアを表現する地域名を使うのが得策だとは限らないわけです。

これを解決する方法として、◯◯市・◯◯市・・・などの名称がウェブサイトに列挙されている場合もありますが、ユーザーから見ると不自然な感じに見えて、あまり親切でもない気がします。できれば、自然に地域を認識できるようサイトを設計するのが良いでしょう。

 

以上から、エリアをどう定義し、どのようにキーワードを選定するのかは非常に大事になるのか理解いただけたでしょうか。

自社のビジネスを正しく認識し、商圏をどう捉え、ユーザーの発想とウェブサイトの構造と結びつけていくか一緒にローカルSEOと言う観点で重要になります。

ぜひ自社の商圏を広く、かつユーザーから見て検索されやすいコンテンツにしましょう。