岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

中小企業がGoogleトレンドをマーケティングデータに活用する方法

Googleトレンドはご存知でしょうか?Googleが提供している、キーワードごとの検索回数の傾向がわかるサービスです。

Google トレンド

これを、マーケティングに活用する方法をご紹介したいと思います。これを使うと、中小企業でもマーケティングに参考な情報として簡単に活用することができるのです。

 

グラフから傾向をみる

まずはシンプルにキーワードを入力する

知りたいキーワードを検索して、表示されたグラフを見てみます。2004年からのデータがありますので、ここ数年どういう傾向をたどっているかを把握することができます。

以下は、「SEO」というキーワードを調べた例です。

別のキーワードと比較する

また、別のキーワードと比較することもできます。これによって、どちらがより多く注目されているのか、長期的に認知されてきているのかなどがわかります。以下のグラフは、先ほどの「SEO」に加えて「ホームページ」というキーワードを足したものです。

地域で絞り込む

さらに、国や都道府県を指定することもできます。上のメニューで国を「日本」にしたり、日本からさらに都道府県を選択すればOKです。ただし、あまり絞り込み過ぎると、検索ボリュームがなくデータが取得できない場合もあります。

他にも、ページには地域別人気度や関連キーワードもあるので、これらも参考になります。

 

数値データを分析する

もう少し深く分析してみましょう。Googleトレンドのデータは、CSVでダウンロードすることができます。

seo

これをR言語というデータ分析ツールで掘り下げてみましょう。GoogleトレンドからダウンロードしたCSVを、R言語に読み込ませます。年周期を想定したデータの渡し方をしてあげて、時系列オブジェクトで季節変動を分解できるようにします。

上記のコードを実行すると4つグラフが出力されます。グラフはそれぞれ生データ、季節変動、トレンド、ランダム成分になります。

Rplot01

全体のトレンドを確認する

全体のトレンドは、3番目のグラフを確認します。2009年をピークに、明らかに低下しているのがわかりますね。

SEOというとサイトの順位を上げることだけを目的に、中身のないサイトを乱立させてそこからサイトにリンクを貼る方法がありました。そういう本質的なコンテンツの価値と関係なく順位を上げる行為に対して、Googleが対策して悪質なSEOが有効でなくなったのと関係があるかもしれません。「SEO対策」という意味では、今でも有効な施策はたくさんあるのですが。

 

季節変動を確認する

2番目の季節変動のグラフを見てみましょう。「SEO」というキーワードにはあまり季節性はない気がしますが、これを見ると明らかに存在します。どうやら6月頃に一旦ピークを迎え、年末年始に向けて下降し、それからまた上昇していきます。このサイクルを繰り返していることがわかります。

理由はよくわかりませんが、事実としてはそういう傾向があることがわかりました。

 

以上から、「SEO」というキーワードは国内では縮小傾向にあること、季節性があり年の前半が多く検索されていることがわかりました。

 

自社で保有するデータ以外にもこうやって得られるデータを組み合わせて、マーケティング活動の参考にすることが可能になります。DMやチラシを送るときも、タイミングやエリアを考える参考になるでしょう。