岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

岐阜県の有効求人倍率は、昨年度より上昇。これからの人材確保について

岐阜県全体の有効求人倍率(2016年度)

岐阜県の有効求人倍率を調査しました。

昨年度の結果はこちらの記事です。

岐阜県の有効求人倍率は全国2位!「売り手市場」で採用するには会社PRが必要 | Ladder Consulting

そして、今年度の結果はこのようになっていました。

岐阜県全体の有効求人倍率(2016年度)

(出所:有効求人倍率の推移(H29.4.28更新) | 岐阜労働局

 

全体として、昨年度よりも有効求人倍率が高い状態が続いており、いまだに十分な売り手市場であることがわかります。

 

日経の記事によると、岐阜県は全国より求人倍率は高くなっています。製造業やサービス業の求人が増えているとのことなので、製造業が多い岐阜県もその影響を受けているのかもしれません。

厚生労働省が3日発表した1月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比横ばいの1.43倍だった。QUICKが事前にまとめた市場予想(1.44倍)を下回った。企業の求人と求職者がともに小幅に増加した。業種別でみると、製造業やサービス業などでは求人増が目立った。

引用:有効求人倍率、1月は横ばいの1.43倍 新規求人倍率は低下  :日本経済新聞

 

企業が人を採用する際に、効果的に求人アピールする必要があります。また、生産性を向上させる取組も、合わせて検討していかなければいけないのが、今の日本の経済状況です。

残業管理が厳しく求められる中で、中小企業はどう生産性を上げるべきか? | Ladder Consulting

 

これからも様々な業種・業界で、人材確保や生産性向上に対して、取り組んでいく必要がありそうです。