岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

アクセス解析に使えるレポート作成ツールまとめ

最近BIツールの周辺が熱いことになっています。ビックデータやデータアナリティクスという言葉が盛んに言われるようになってきたことが背景にありますが、マイクロソフトとGoogleが無償ツールを積極的に公開しているのが1つの象徴でしょう。

今日は、Googleアナリティクスのデータ解析に使えるBIツールとして使えるものご紹介したいと思います。

 

Microsoft「Power BI」

Power BI3

マイクロソフトが公開している無料BIツール「Power BI」は、様々なデータソースと連携することができます。

ウェブ版だけでなく、オフラインでもダウンロードして使えるソフトウェア版が提供されているのが特徴です。

https://ladder-consulting.com/google-analytics-powerbi/

 

Google「Google Data Studio」

sample-adwords-overview-report

マイクロソフトから少し遅れて、有償で提供していたGoogleもBIツールを無償公開しました。

Google出して様々なデータソースと連携できるようになっています。GoogleドキュメントやPowerPointと操作性が似ていて、使いやすいのが特徴です。

https://ladder-consulting.com/google-data-studio/

 

Google Analytics「マイレポート機能」

myreport3

マイクロソフトやGoogleが提供しているBIツールは、複数のデータソースを通して各レポートする作成できることができましたが、Googleアナリティクスでも単独であれば、「マイレポート機能」でも十分に使うことができます。

マイレポート機能を使えば、自分が知りたい指標をレポートにしてPDF等にダウンロードすることができます。

https://ladder-consulting.com/google-analytics-myreport/

 

R言語+knitr

sample

少し使い方は難しくなりますが、Rというデータ分析言語を使ってGoogleアナリティクスのレポートを作成することができます。

使うまでのハードルが高い反面、様々な計算や分析を行い、レポート出力まで一括で行うことができます。

https://ladder-consulting.com/r-googleanalytics-report/

 

いかがでしたでしょか。Googleアナリティクスを使ったアクセス解析は多くの人が使っていると思いますが、このようなレポーティングツールを用いることで、レポート作成の手間を省く、レポートから新たな示唆を得る、関係者と手軽に共有する、という体制を築くことができるようになります。

ぜひ、有効活用を考えてみてください。