岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

怪しいSEO業者に騙されない方法

PCデポがいろいろ話題になっています。

80過ぎの老人がPC修理の際に契約させられた高額サポートを解約しにいったら10万円の解除料を払わされた話 – Togetterまとめ
PCデポ 高額解除料問題 大炎上の経緯とその背景(ヨッピー) – 個人 – Yahoo!ニュース

問題点はいろいろ指摘されていますが、1つ重要なポイントとしては情報弱者に対して、わかりづらい料金設定で高額請求するというところだと思います。

 

SEO業界は大丈夫か

実は、SEO業界も似たようなことがあるんじゃないかと思っています。

SEO対策とは、検索エンジンのランキングを上昇させるための施策であり、検索エンジンの上位に自社Webサイトが表示されることで、問い合わせや商品購入の機会を増やすことを目的とします。

Webマーケティングの観点からするとSEO対策が必要であることは間違いないのですが、検索エンジンの内容やそもそもITを理解していないと、どういうことをやるのかを理解できず、ビジネスの結果が出なくてもお金を払ってしまうケースもあるようです。

 

そもそもSEO対策の重要性は低下しているのでは?

Googleはどんどん進化してきており、ずいぶん昔ほど簡単には検索ランキングはわからなくなってきています。以前は外部リンクと呼ばれるリンクを貼っておくと、ランキングの上昇が期待できました。

しかしGoogleはそのようなユーザーが役に立つ/立たないとは関係ないところで順位が決まるのを防ぐため、ランク上昇を目的とした、中身としては意味のない外部リンクにはペナルティを課すようになっています。

検索ランキングを上昇させるためには、ユーザの役に立つコンテンツを手間ひまかけて作成していく必要があり、検索エンジンのために特殊な対策を講じることは少なくなっています。(ゼロではありませんが。)

さらに、SNSやオウンドメディアなど、Webマーケティングの手段としてSEO以外にも様々な手法や考え方が登場してきており、相対的にSEO対策の重要性は低下しています。

 

発注者も最低限のリテラシー向上を

よくわからない怪しい業者に引っかかるのを避けるためには、発注者側もある程度リテラシーを身に付ける必要があります。

手っ取り早くSEOの怪しさを感じたいのであれば、本書をさらっと読んでみるのをオススメします。

本書の中では、様々な悪徳SEOビジネスが登場します。

検索エンジンの順位が上がれば売り上げも上がると言いつつ、放置する。順位が上がらなければGoogleの気まぐれだと説明する。

外部リンクを貼ってGoogleからペナルティーを食う。ペナルティーを解除するためにまたお金を請求する。

いろんなパターンがあります。

 

本書では悲観的な側面がフォーカスして書かれていますが、検索エンジンにウェブサイトをどう認識してもらうかと言うのは、必要な対応ではあります。しかしそれも時代の変化に合わせて適切な措置を行う必要がありますし、先ほど書いた通り、SEO対策やればバンバンアクセスが集まるかといえば、そうとも言えない時代が到来しています。

 

中小企業がITやSEOの全てを理解するのは現実的ではありませんが、信頼できるパートナー企業を見つけるためには、最低限の知識が必要です。変な業者に騙されないようにしましょう。