岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

あなたのブログは不正な「引用」で著作権侵害になっていませんか?

ウェブサイトやブログ、ソーシャルメディアなど、様々な人が簡単に文章を書いて情報発信できる時代になりました。それに伴って、ブログにコピペされた、画像を無断転載されたなど、著作権侵害となるケースも多く見かけるようになっています。

あなたのサイトは大丈夫でしょうか?

改めて著作権に対して理解を深め、正しいウェブサイト運用をしましょう。

 

文章の「引用」について

よくいろんなウェブサイトやブログで他人のコンテンツが掲載されているし、ちょっとだけだから自分のブログでも掲載して良いだろう、と考えてしまうことはありませんか。自分で一から書くのも面倒だし、とか。

確かに自分のブログに、他人の文章や画像を引用することは、著作権侵害にはなりません。ただし、それは引用の要件を守った場合に限ります

では、どのような条件を満たせば著作権侵害にならないのでしょうか。

著作物に対する引用は、法律で要件が決められています。また、それをよりわかりやすく説明した文化庁のページがありますので、その内容を見てみましょう。

↓(実はこれ自体が引用行為だったりします)

「引用」とは、例えば自説を補強するために自分の論文の中に他人の文章を掲載しそれを解説する場合のことをいいますが、法律に定められた要件を満たしていれば著作権者の了解なしに引用することができます(第32条)。

著作権なるほど質問箱

 

確かに引用が認められていますね。そして、「法律に定められた要件」として以下が続きに掲載されています。

[1]引用する資料等は既に公表されているものであること
[2]「公正な慣行」に合致すること
[3]報道、批評、研究などのための「正当な範囲内」であること
[4]引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること
[5]カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること
[6]引用を行う必然性があること
[7]出所の明示が必要なこと(複製以外はその慣行があるとき)

著作権なるほど質問箱

 

著作権法自体にはこれらの要件が直接書かれているわけではありませんが、判例で明らかになっています。

ざっくり簡単に言えば、自分の内容を説明するにあたって引用の「必然性」があり、他人の著作物であることが明確に区別でき、引用元が明示されていることが条件になります。

 

また画像に関しても、引用と言う意味では同じです。また画像には画像特有の利用用件がありますので、詳細についてはこちらのブログ記事をご覧ください。

あなたのウェブサイトで使う写真が著作権違反にならないようにする方法 | Ladder Consulting

 

著作権は親告罪なので、著作者が気づいて訴えを起こさないと罪にはなりません。そのため気づかれない、あるいは発見されても訴訟費用がかかるため見逃される自体もあると思いますが、画像の無断利用等では実際に訴訟になり罰金を払っている事例もあります。

【決着】写真を無断使用されたので、使用料金をご請求した件

 

それ以外でも、著作権侵害を平気でやっている企業のブログなどを見ると、やはりあまり良い印象ではありませんよね。そういう点で、企業のイメージや信用にも関わってきます。

 

ウェブサイトではblockquoteタグを使いましょう

ウェブサイト上で引用については、blockquoteというタグが設定されています。引用箇所については、このタグを使うと良いでしょう。引用を明示していることになります。

<BLOCKQUOTE>-HTMLタグリファレンス

 

オススメは、Chromeの拡張機能を使って、引用時のテンプレートを作っておくことです。Chromeや拡張機能を使ったことがない人には「なにそれ?」かもしれませんが、慣れると非常に便利で、ブログを書くのも早くなりますよ。

Create Link – Chrome ウェブストア

簡単に言えば、見ているウェブサイトからURLつきのaタグコードを作ったり、選択した文章から引用元つきのblockquoteタグコードを作ってくれるものです。

ブログ記事の作成支援Chrome拡張「Create Link」の設定例まとめ

 

 

以上です。ちゃんと著作権に対する理解をし、正しいウェブサイトいやソーシャルメディアの運用を行いましょう。