岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

あなたのウェブサイトで使う写真が著作権違反にならないようにする方法

ウェブサイトやブログを書くときに、センスの良い写真を掲載するとリッチな表現ができて良いですよね。

最近だと、様々なフリー素材も存在していて、写真やイラストを利用しやすくなっています。

しかし、写真やイラストには著作権が存在する場合があり、無断で使用すると著作権侵害になります。どこかで見つけたからといって、気軽に写真を使うのは非常に危険です。

 

写真に関する著作権など

写真やイラストにも著作権があります。誰かが著作権を保有していて、それを無断で使用すると著作権侵害になります。

写真著作権と肖像権 | 公益社団法人 日本写真家協会

 

Googleイメージなど検索サイトから簡単に見つけられる画像を安易に利用してしまうと、権利関係がよくわからない状態になってしまい、著作権侵害行為に当たることをしている可能性があります。

なので、誰かの写真やイラストを利用する場合は、まず著作権がどのように設定されているのかを確認しましょう。いわゆる「フリー素材」と言われているものでも、著作権が放棄されていなかったり、使用する条件が設定されているケースがあります。

また、写真に人物が載っている場合は、肖像権も関わってきます。

 

日本の写真素材提供サイトとして有名な「ぱくたそ」の利用規約は、丁寧で詳細な説明が書かれています。ここを読んでみても、「なんでもフリーに使えるわけじゃないよ」と書いてあります。

【ご注意下さい】ロイヤリティフリーについて

この言葉には、「全てにおいて無料で利用できる」「まったく著作権を考慮せずに利用できる」といった、フリーから一般的に想像される意味は含まれていません。
「事前の取り決めの範囲内での利用なら追加の使用料を免除する」といった意味に過ぎず、実際には購入したり会員費を支払う必要があるものや、必ず著作権表示(以下、クレジット)の必要があるものもあります。

ぱくたそのご利用規約 | ぱくたそフリー写真素材

このように、サイトによって条件が設定されていることが多いので、よく確認してから利用するようにしましょう。

 

新しい著作権の形「クリエイティブ・コモンズ」

さらに、最近では従来の著作権ではインターネット時代に適したコンテンツ利用が促進できない、として、新たな著作権の形である「クリエイティブ・コモンズ」が普及してきています。

クリエイティブ・コモンズの説明は、こちらがわかりやすいです。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは | クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

 

これまでは、コンテンツの全てを「利用できる・できない」の二択であったのに対し、クリエイティブ・コモンズでは「商用利用はNG」「著作者表示はしなくてOK」など、細かな条件を定めてコンテンツを利用してもらいやすくする仕組みが整えられています。

 

例えば、写真サイト「Flickr」で検索する条件には、クリエイティブ・コモンズを設定することができます。

flickr

「Commercial use allowed(商用利用)」や「Modifications allowed(改変許可)」などの条件に応じた写真が検索できることがわかりますね。

 

できれば写真はオリジナルで用意できるのがベスト

いろいろ書きましたが、ウェブサイトやブログで写真を充実させようと思ったら、できれば写真は自前で用意をし掲載するのがベストです。

それはオリジナリティーにもつながりますし、著作権侵害のリスクをゼロにすることができます。

 

どうしても他社の写真を利用したい場合は、必ず権利関係を確認しましょう。信頼のおけるサイトから、権利関係が明確に示されている写真を購入あるいはダウンロードして利用します。

 

ちなみに、著作権フリーの写真を集めたサイトだとしても、実態は適当に管理されているサイトもあるようです。その場合は著作権フリーと書いてあったとしても、後で著作権侵害で訴えられる可能性もあるということを覚えておきましょう。

著作権フリーの写真だと思って使用したら20万円の損害賠償になった実例 | STORIA法律事務所ブログ

 

権利関係は正しく理解して、充実したウェブサイトを!