岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

ブログを書くときのキーワードの選び方

ビジネスブログを書くときに、以下のような悩みはありませんか?

  • 書く内容は決まっているけど、タイトルがうまく付けられない
  • そもそも書く内容も、ネタが尽きてくる

そんなときには、自社のビジネスに関連ありそうで、ユーザーが興味を持つキーワードを調査しておくと便利です。

 

キーワードの集め方

Googleサジェストから関連キーワードを調査する

Googleで検索すると、検索ボックスに表示されるやつですね。

自社のビジネスに関連するキーワードから、ユーザーはどういう内容に興味を持っているかを推測することができるようになります。

Googleサジェストの結果を簡単に確認したい場合は、goodkeywordというサイトが便利です。

goodkeyword – Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール

 

アクセス解析の結果からキーワードを調査する

Googleアナリティクスでは、検索キーワードを取得することができます。ただし、(not provided)という表示項目が多くなっていますので、より高度な検索キーワードを取得したい場合は、別途Google Search Consoleというサービスを利用するのが良いでしょう。

Google Search Consoleでは「検索アナリティクス」という機能で、キーワードごとの「表示回数」「クリック数」「平均掲載順位」を知ることができます。

自社のサイトを検索されているキーワードを知ることで、意外な発見があるかもしれません。あるいは、「平均掲載順位」が低いキーワードを高めたい場合は、より内容を充実したコンテンツを作成するなどのきっかけにもなります。

 

キーワードを選定したら、検索数をチェックしておく

キーワードを選定したら、そのキーワードがどの程度検索されているか、チェックしておきましょう。ほとんど検索されていないキーワードを狙ってコンテンツを作っても、結局誰も見られません。

Googleキーワードプランナーで検索数をチェック

Googleは、広告出稿する人向けにキーワードの検索数がわかるツールを提供しています。誰でも使えますので、利用しましょう。

Google AdWords: Keyword Planner
Google AdWords Keyword Planner

ログインしたら、「検索ボリュームと傾向を取得」をクリックして、調べたいキーワードを入力するだけです。そうすると、月間の検索数がわかります。

 

Googleトレンドで長期的な傾向を把握する

また、Googleトレンドを使って、キーワードの長期的な傾向を把握することもできます。どんどん検索ボリュームが減少しているキーワードは、あまり力を入れなくても良いかもしれません。

Google トレンド

 

また、Googleトレンドは国を絞ることができます。英語など日本語が含まれていないキーワードであれば、日本に絞って確認してみましょう。さらに、日本の中でも都道府県まで絞り込みことも可能です。検索ボリュームが少なすぎると表示されないときもありますが、自社がターゲットとする地域が明確であれば、地域の傾向を把握しておくのも良いでしょう。

 

以上です。

ブログなどのコンテンツは、たくさん積み上がってサイトの価値が向上していきます。これらのことを考えながら、ユーザーに役立つコンテンツを作っていきましょう。