岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

ブログ記事におけるタイトルの重要性

ブログのタイトルはどう決めていますか?

タイトルというのは、SEO的観点から非常に重要な意味を持っています。それを理解した上で、効果的なタイトルを付けましょう。

 

Googleのガイドラインからみる記事タイトルの重要性

Googleが公開している文書のひとつに、「検索エンジン最適化スターターガイド」というものがあります。SEO対策を行う上で、基本となる事項を初心者にもわかりやすく説明したドキュメントです。

google-seo-starterkit

このガイドの一番最初に書かれているのが、「適切なページタイトルを付けよう」です。

google-seo-starterkit2

タイトルは検索結果一覧に最も目立つ場所に表示されるため、ユーザーにコンテンツの内容を適切に理解してもらう重要な要素です。スターターガイドでは、以下のポイントが書かれています。

  • ページの内容を適切に記述しよう
  • 各ページに固有のタイトルを付けよう
  • 簡潔で説明的なタイトルを付けよう

 

自社サイトがGoogleにどう認識されているかを知るツール「Google Search Console」でも、タイトルの重複や、あまりにも短すぎるタイトルについては修正を促されます。Google Search Consoleでもページタイトルを適切に付けることの重要性について書かれていますね。

タイトルは、検索結果のコンテンツをユーザーが一目でわかるように表示し、クエリとの関連性が高い理由をはっきりと伝える上できわめて重要です。どのサイトをクリックするかはタイトルで決定することが多いため、ウェブページには質の高いタイトルを付けることが重要です。

ページのタイトルとスニペットを検証する – Search Console ヘルプ

タイトル付けるの面倒くさくないですか?

ブログ記事に適切なタイトルを付けることが重要である、ということはわかっていただけたでしょうか?

SEO対策のためだけでなく、ユーザーの目線でも考えてみましょう。

タイトルが短いと、何を説明してる文章なのかよくわかりませんし、同じタイトルの記事がたくさんあると、読み手としては何がなんだかわからなくなってしまいます。そのため、タイトルには簡潔かつ文章の内容が推測しやすいものをつけることが大事なんですね。

 

一方で、いくつかのコンサルティングで係わらせていただく企業のブログを見ると、タイトルをつけるのが難しかったりするようです。それはいくつか理由があると思いますが、1つは記事のメッセージが曖昧になっており日記的になっているケースが多いです。

なので、もう少し気軽に投稿できるFacebookやTwitter Instagramなどを好む方も増えています。SNSであれば、タイトルを付ける必要もありませんし、ブログよりは気軽に投稿することができます。

しかしコンテンツマーケティングの観点から考えれば、ブログがちゃんとしたタイトルやメッセージが込められた内容で掲載されている事は、長期的に企業のウェブサイトの価値を高めていくことにつながります。FacebookやTwitter Instagramなどは、企業とユーザを結ぶチャネルとしては大変有効ですが、SNSの投稿はフロー的に情報が流れていくものなので、そのような特性を踏まえた使い分けが必要です。

 

 

ちなみに、最近のニュースでは、文章の内容からタイトルを決めるアルゴリズムをGoogleは開発しているようです。

文章を機械が書いたり、要約してくれる時代もすぐそこですので、タイトルは機械が考えてくれるかもしれません。

 

Webの文章を学びたい方は、こちらの本がおすすめです。