岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

Facebookメッセンジャーのチャットボットを作りました

最近、チャットボットが注目されていますね。 Facebook、LINE、Slackなどがあります。

今回は、Facebookのチャットボットを作成してみました。いろいろコーディングとか難しいのかな、と思っていたのですが、既に作成を簡単にするサービスが登場してきています。

 

チャットボットの作成サービス

Facebookのチャットボットを簡単かつ無料で作成するツールについては、以下の記事がわかりやすく紹介されています。

【全部無料】プログラミング無しでFacebook Messenger botが作れるツール3選+1 – BITA デジマラボ

 

その中で、今回はChatfuelという無料サービスを使ってFacebookのチャットボットを作成しました。

Create AI Chat Bot for Facebook

Create AI Chat Bot for Facebook

 

Chatfuelを使ったチャットボットの作成手順

初期設定

作成の前提として、FacebookページとFacebookアプリを作成しておく必要があります。以下は既にある前提で書いていますので、もしFacebookページやFacebookアプリを作成されていない方は、まずは作成してから以下を読んでください。

まずChatfuelにログインして最初のチャットボット作成ボタンを押すと、以下の画面が表示されます。ここでは、チャットボットのタイトルを入力して、テンプレートを選択します。

chatfuel create

TechCrunchのテンプレートなんかもあります。こういうのを活用することで、シナリオが作りやすくなっていますね。

TechCrunch Chat Bot Walkthrough Review

今回は「Tutorial bot」を選択しました。これでチャットボットができました。

 

次の画面で、「CONNECT TO FACEBOOK」をクリックして、Facebookページとリンクします。

chatfuel bot

次のページで「CONNECT TO FACEBOOK PAGES」を選ぶと、Facebookページを選択する画面が出てきますので、紐付けます。

chatfuel bot2

これでチャットボットの初期設定ができました。

 

シナリオ作成

今度はチャットで表示するメニューなどを作っていきます。

最初に、Welcomeメッセージを編集してみます。ボットを最初に表示したときに出すメッセージですね。

「Structure」タブを開くと、「Default」に「Welcome」というボタンがあるので、それをクリックします。すると右側にWelcomeメッセージが表示されますので、これを編集しましょう。

chatfuel bot3

 

Charfuelには様々なプラグインが用意されていて、自分のやりたいシナリオに合わせてカスタマイズすることが可能です。

chatfuel plugin

今回は、RSSフィードを読み込んでブログの記事を表示するようにしました。カテゴリごとのRSSフィードを登録して、ユーザーが選んだボタンに合わせて、そのカテゴリの記事が表示されるようにします。

 

以下は、実際のメッセンジャー画面で表示されたものです。アイキャッチ画像がうまく表示されていませんが、とりあえず記事は表示できています。

chattest1

また、記事はブラウザに移動することなく、メッセンジャーアプリ内でそのまま読むこともできます。以下は、「すぐ読む」というボタンを押すと、記事のテキスト部分だけが表示された様子です。

chattest2

 

ユーザーからすると、アプリを移動する必要がないので便利ですね。

また、今回は使いませんでしたが、複数の似たような単語が入力されたら、特定のコンテンツを表示するよう設定することができます(「AI Setup」タブから)。日本語も使えるようです。

chatfuel ai

 

まとめ

今回は既存のブログ記事を紹介する簡単なボットを作ってみましたが、簡易なコンサルができるようにしたらニーズあるかな?と思いました。いろいろ活用の幅がありそうですし、Charfuelは無料ですごい使いやすいです。

今回作成したチャットボットは、以下のリンクからメッセンジャーを登録していただくと、実際の挙動を試していただけます。

Ladder Consulting Facebook Chatbot

 

また副次的な効果として、チャットボットを作成することで、改めて顧客とのコミュニケーションの仕方や、買ってもらうまで(資料請求してもらうまで)のプロセスを考えることができるのが良いですね。

ということで、チャットボットは簡単に作成できるようになっていますし、うまく作っていくと顧客とのコミュニケーションを効率化しつつ、満足度を高められる可能性があります。

興味がある方は、ぜひ一度試してみてください。