岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

Googleアナリティクスの平均滞在時間がゼロになる理由

Googleアナリティクスは導入してますか?それぞれの値がどのような意味を持っているか、ご存知でしょうか。

Googleアナリティクスでは、「平均滞在時間」という指標があります。ウェブサイトを訪れたユーザーが、サイト内にどの程度の時間滞在したかを示したものです。

この指標をチェックしていると、時々「ゼロ」になっているページがあることに気づきます。アクセス数はあるのに、です。不思議ですよね?アクセス数があれば、何らか時間が計測されてしかるべきじゃないか、と思いませんか。

さては、Googleアナリティクスもエラーが出るのか、あるいはリファラースパムみたいに実際のアクセスではないけど、何か機械的に計測されてしまってるんじゃないかと疑ってしまいます。

これはGoogleアナリティクスの指標に対する計測の考え方をちゃんと知っておく必要があります。

 

平均滞在時間の定義

平均滞在時間は、そのサイトに滞在した時間を計測しているのですが、具体的な計測開始と計測終了は以下の通りになっています。

  • 計測開始:最初に訪問したページを開いた時
  • 計測終了:最後に訪問したページを開いた時

図で表すと、こんな感じになります。

平均滞在時間

最後にアクセスしたページの滞在時間は計測できない

図を見ると分かりますが、最後のページの滞在時間は計測されません。これは、滞在時間はページをアクセスしたタイミングを計測しているためで、上図の例でいうと「3番目にアクセスした時間-最初にアクセスした時間」が滞在時間としてカウントされます。

そして最後のページの分が計測されないということは、最初にアクセスしたページだけを見て直帰するとゼロ秒になるのです。

平均滞在時間 (1)

 

アクセス解析で数字を確認することは重要ですが、これらの指標の定義や意味をちゃんと理解して施策を組み立てないといけません。どちらかというと、平均滞在時間は計測に「漏れ」が生じている指標になるので、この指標の上下に一喜一憂するのではなく、参考として捉えるのが良いのではないでしょうか。