岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

Google Analyticsにアシスタント機能が追加。修正ポイントを提案してくれる!

Google Analyticsがさらに進化して、Webサイトの修正提案などをしてくれる「アシスタント機能」を導入している、という記事を読みました。で、試しにiPhone版のGoogle Analyticsアプリを確認してみたところ、確かにアシスタント機能がリリースされていました。

このアシスタント機能が導入されることで、Webサイトのアクセス解析領域は、また一段世界が変わるだろうなーと思った次第です。

ただ、現時点では、英語版だけのリリースのようで、iPhoneの言語設定を「English」にしていないとアシスタント機能のメニューが表示されないようです。以下は、英語版と日本語版のメニューです。英語版だと、メインメニューの一番上に「Assitant」が追加されているのがわかります。

ga_assistant1

ということで、試してみたい方は、言語設定を変えてみましょう。

 

このサイトの場合でみてみる

実際にアシスタント機能がどういう内容を表示してくれるのか、見てみましょう。このサイトについて、アシスタント機能が表示してくれたのが、以下画像の左側です。

ga_assistant2

総じて、期間やセグメント別で見た場合に、変化率が高いものを抽出しているようです。なので、特定の期間で大きくセッションが増えたよ!とか、このセグメントのユーザーはパフォーマンスが良いよ!というのを自動で表示してくれる感じです。これまでも分析すればそれぞれの結果を導くことはできましたが、アシスタント機能は勝手に裏側でそういう分析をやってくれており、その結果の中で顕著なものだけを抽出してくれるわけですね。これによって、非常に分析にかける時間が削減できることが期待できます。

さらに、アシスタント機能で提示した内容の詳細や、変更案やより詳細な分析アプローチを提案してくれます(上記画像の右側)。例えば、このサイトではリピーターのパフォーマンスが良いと示されているわけですが(そもそもリピーターの数が少ない・・・)、下の方にある提案では、カスタムしたランディングページを用意するとか、リピーターの求めることにもっとフォーカスすべき、などが表示されています。

これだけで全てが解決するわけではありませんが、Webサイトのコンテンツや導線を見直すための考えるヒントにはなりますし、これまで数字を表示しているだけと考えれば、より踏み込んだ(ユーザーに親切な)サービスになっているといえます。

 

今後、アクセス解析はどうなる?

Googleは自前のデータやノウハウを活かして、今後はこの領域も強化してくることは間違いありません。今は様々な民間企業がこの手の分析アプローチをサービス化していますが、業界の標準的サービスであるGoogle Analyticsがこのようなアシスタント機能を提供してくるとなると、アクセス解析という行為そのものが一段レベルアップすることになるでしょう。

これまで、アクセス解析は様々な分析の観点や指標が存在しており、不慣れな経営者や担当者からすれば、敷居が高いものでした。今もそうではありますが、アシスタント機能のようなユーザーフレンドリーな機能が提供されることで、その敷居は下がっていくことになっていきます。それとともに、これまでその「翻訳」で価値を出していた企業は、その価値が下がることになります。ただし、この流れは不可逆的ですので、分析結果から修正提案までを機械がおおよそやってくれるようになるでしょう。

 

これを踏まえた今後のWebサイトの作成・解析に関連する動きには2つの方向性が考えられると思います。

ひとつはマーケティングデータとの統合など、Webサイト以外のビジネスデータとの融合を自動化することで、より自社のビジネスにあった結果を得られるようにする。既にマーケティングオートメーションの導入が進むなど、様々なデータが融合し、これまで手動で行っていた作業が自動化されてくる流れが起こっています。それは中小企業でも進んでいくことでしょう。

もうひとつは、Webサイトの修正までを自動で行っていく流れです。今は計測されたデータが集約・分析され、AI等によって修正提案されるところまできています。今後は、勝手に修正まで行ってくれるようになるでしょう。実際、そのようなサービスも登場してきています。

経営者から考えれば、解析結果云々というよりは、ビジネスに役立つサイトになってくれれば良いと考えれば、実際にWebサイトの修正内容まで提案してくれて、それを了承すれば良いと考えれば、ぐっと楽になります。デザインの個性などの問題はありますが、そのあたりは個別のカスタマイズを許容したりすることで、解決されていくのではないでしょうか。

 

ということで、Google Analyticsのスマホアプリから、ぜひ一歩進んだアクセス解析を試してみてください!