岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

Google Data StudioがGoogle Search Consoleに対応!Webサイト分析が一層効率的になる

Google が提供する無料BIツール「Google Data Studio」が進化しています。今回、データ連携先のひとつにGoogle Search Consoleが加わりました。これは、Web分析している方々は嬉しいはずです!

 

Google Search Consoleのデータも自動で確認できる

Google Data Studioの便利さは、以前の記事を読んでいただければご理解いただけると思います。

無料BIツールをGoogleが提供。Google Data Studioがデータ分析を楽にする | Ladder Consulting

 

弊社の場合は、Googleアナリティクスで複数データを統合して、日々のデータ確認を効率化しています。

Googleデータスタジオの活用:複数のデータを統合する | Ladder Consulting

 

Google Search ConsoleはGoogleアナリティクスと連携できるのですが、Google Data StudioではGoogleアナリティクスと接続しても、Google Search Consoleのデータは見れませんでした。なので、Google Search Consoleのデータを見たい場合は、直接Google Search Consoleのサイトで確認するしかありませんでした。

今回の連携対象追加で、ひとつのレポートでGoogleアナリティクスとGoogle Search Consoleが一緒に確認できるようになったのです。

 

Google Search Consoleとの連携方法

早速、Google Search Consoleと接続してみましょう。「新しいデータソースを作成」をクリックすると、以下のようにデータ連携先が表示されます。そして、Google Search Consoleが追加されているのがわかります。

Google Search Consoleと連携すると、自分が登録しているサイトが表示されます。連携したいサイトをクリックすると、「サイトのインプレッション」と「URLのインプレッション」が表示されます。サイト全体を知りたいのであれば、「サイトのインプレッション」で良いでしょう。

Google Search Consoleで取得できるデータ項目は以下です。

取得できる項目は結構少なく、インデックスステータスやAMPのインデックス状況などはわかりません。しかし、検索アナリティクス(Query)が見れるので、これは重宝しそうです。

検索アナリティクスの表をレポートに追加したい場合は、以下のように設定すれば大丈夫です。

 

いかがでしたでしょうか。Google Data Studioは今後の積極的にデータを活用できるプラットフォームになっていくでしょう。楽しみです。