岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

Googleのモバイル重視戦略を理解して、自社のWebサイトを見直そう

今日は、Googleのモバイル重視している戦略を改めて振り返りたいと思います。

最近、Googleは検索において、モバイルの存在を非常に重要視しています。

それというのもモバイルの普及が世界中で高まってきており、今ではGoogleでの検索数でモバイルがPCを超えているからです。

「モバイル検索」が「デスクトップ検索」を遂に超える

そのためGoogleでは、モバイルユーザーにおける検索体験を向上させるために様々な取り組みを行ってきています。

 

モバイルフレンドリー

Googleの検索エンジンは、それぞれのウェブサイトがスマートフォンなどのモバイル端末からどれぐらい見やすい作りになっているかを、検索順位を決める要因の一つに含めるようになってきました。それが、モバイルフレンドリーです。

モバイルフレンドリーは2015年4月に導入されました。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索結果をもっとモバイル フレンドリーに

その後、さらにモバイルフレンドリーなサイトの検索表示を優先する数を増やす、というアップデートを2016年5月に行っています。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: ウェブをさらにモバイル フレンドリーにするための取り組み

 

AMP

AMPは、モバイルに適した軽量ページを表示するための規格のことです。

モバイルの特性として、どうしてもパソコンと比べると処理能力が低い、あるいはネットワークの速度が遅いという問題があります。そうなるとウェブサイトをスマホから見る時に遅くなってしまうんですね。

それを解消するために、GoogleとTwitterは共同でAMPというモバイルウェブを高速化するための規格を策定しました。ほぼ時を同じくしてFacebookは、ニュースサイトなどの外部記事をFacebook内でスムーズに止めるためのサービスとしてインスタントアーティクルズを開始しました。これらは両方とも、ウェブサイトで提供される記事が各サービス内でアクセスされると言うものです。

モバイルユーザー向けに快適にページを表示するAMPとは? | Ladder Consulting

AMPに対応させることで、モバイル端末からユーザーは軽量のページが表示されるので、ネットワークスピードが遅いユーザーにも快適なページ閲覧が可能になります。

 

インデックスの分割

Googleはこのほど、検索インデックスをデスクトップとモバイルで分割することを発表しました。

【重要発表】Googleがモバイル版とPC版を分離する事を発表!数ヶ月以内に実施の予定 | 鈴木将司公式ブログ | SEOセミナー

これまではPCとモバイルでは同一サイトとみなされており、検索結果に大きな違いはありませんでした。もちろんモバイルフレンドリーによって、自分の検索中には影響をしていましたが。

それが今回、PCとモバイルを完全にインデックスとして分けると言う事は、PCサイトとモバイルサイトを完全に別々に評価すると言うことになります。正確なところは、これから導入されてわかってくると思いますが、SEO対策としてPCサイトで積み上げた資産は、モバイルサイトでは引き継がれない可能性もあります。外部リンクなども、改めてモバイルサイトのために集めなければいけないと言うことになるかもしれないです。

 

以上から、Googleがモバイル端末からの検索行為を快適にするための取り組みを行って来たのがわかるかと思います。モバイルファーストという言葉が叫ばれて来ましたが、Googleはユーザーのために改善を行っていますので、Googleの改善を把握し、それに合わせて自社のWebサイトを改善していくことは、結果としてユーザーにとって有益なWebサイトにすることにつながります。

モバイル端末で見た場合も、分かりやすい理解しやすいサイトを作りましょう。