岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

SEO観点で見た「無料ブログ」について

ある勉強会で、Webマーケティングにおける無料ブログの意味について聞かれました。いろいろ考えるポイントはあるので、今回まとめてみます。

 

無料ブログについて

最初に、無料ブログの定義に書いておこうと思います。無料で、誰でもブログを利用できるサービスです。簡単に言えば、アメブロやLINEブログ、はてなブログなどを指します。

一方で、それの対比として挙げられるのは、Wordpressに代表される、自前でサーバーをレンタルしウェブサイトやブログを構築するケースです。Wordpressは非常にシェアが高くなっており、よく利用されるCMSです。

中小企業がホームページを作るなら、何を選べばいいのか? | Ladder Consulting

 

以下、この対比で整理します。

 

メリット・デメリット対比表

比較となるポイントを表にしました。

無料ブログvs自前構築

 

検索時のドメイン表示数について

同じドメインの記事の場合、Google検索時の数が制限されます。これは、例えば検索結果の1ページ目が、同じドメインの記事だけで占領され、多様な情報を探しづらくなるための配慮だと思います。

今はどうやら、同じドメインの記事は2つまでしか表示されないようです。

例えば「アメブロ」で検索すると、ameblo.jpで表示されるのは2つで、アメブロのトップページと海老蔵ブログです。自分のブログがアメブロだとして、似たようなブログがアメブロ内にあると、検索キーワードによっては検索時に表示されない可能性があるわけです。

 

「ドメインの強さ」について

検索エンジンでは、記事単体だけでなくドメイン全体にも評価が与えられます。様々な有益コンテンツが掲載されているドメインは、ドメイン全体で検索にも強くなるわけです。

で、よく言われるのは「ページ数が多くなるとドメインが強くなる」という話です。これが本当かと言われると、半分本当という感じでしょうか。ページ数が多くなると、様々なニーズを持った多様なユーザーが集まる可能性が高まります。数ページしかないサイトでは、検索で来るユーザーの種類には限界があり、数百ページの様々なコンテンツが掲載されたサイトとの違いを想像してもらえばわかっていただけるでしょうか。

つまり、ページ数が多いから単純にドメインが強くなるのではなく、様々なコンテンツがユーザーの役に立つのが積み重なって、サイトのドメイン全体が検索に強くなると考えるのが妥当かと思います。

無料ブログのデメリットは、ドメインが自社サイトではなくサービス側になってしまうので、自社サイドの価値を上げる効果があまり期待できないことです。もちろんブログからリンクを貼れば顧客を自社サイトに誘導することはできますが、SEO的には自社サイト内にブログを作った方が有利になるでしょう。

 

利用規約における「商用利用禁止」について

一時期、アメブロの利用規約に「商用利用禁止」の項目があり、ビジネスで使うのは全般的にダメなのでは?というのがネットで話題になりました。

アメブロの利用規約では、確かに商業行為に制限が設けられています。

4) 当社の承諾のない商業行為

① 無限連鎖講(ねずみ講)、リードメール、ネットワークビジネス関連(マルチ商法、マネーゲーム等を含む)の勧誘等の情報、及びこれらに類する情報の送信等

② 商業用の広告、宣伝を目的としたブログの作成(但し、当社が認めている範囲のもの及び当社タイアップ等は除く)

③ 当社が許可したものを除き、営利、非営利目的を問わず、物やサービスの売買、交換(それらの宣伝、告知、勧誘を含む)を目的とする情報の送信等(物品を販売し、又は契約を締結させることを目的とする無料セミナーの情報の送信等を含む)

④ 本サービスの一部の利用権を、当社が定めた以外の方法で譲渡する行為

⑤ 本サービスの全部又は一部の利用権をもって、現金その他の財物、財産上の利益との交換取引をすること、もしくは交換取引をすることの宣伝・告知・勧誘する行為(詳しくはコチラをご覧ください。)
Amebaヘルプ|Ameba利用規約

 

少々わかりづらいですが、どうやらネズミ講や情報商材などの悪質なコンテンツを想定した規約らしく、商業行為全般が禁止されるわけではなさそうです。

アメブロの商用利用は禁止なのか? 公式に確認してみた | 編集長ブログ―安田英久 | Web担当者Forum

 

これだけ多くの人に使われているサービスですし、急に利用停止になるというリスクは低いかもしれませんが、規約自体はサービス側に決められるものである、ということは念頭に入れておく必要があるでしょう。

 

まとめ

以上を見てみると、ざっくり言えば以下の通りです。

  • 無料ブログは管理負担がほとんどないので、手軽にできる。一方で自由度は制限される。
  • 自前で構築する場合は、管理負担が大変。自由度は高い。

 

自社で管理コストを負担できるなら、自前で構築した方が良いでしょう。そういうコストがない、あるいはお試しでとりあえず、という場合は無料ブログの方が合ってるんじゃないでしょうか。

あるいは、無料ブログをSNSとして利用する方法も考えられます。以下の事例が参考になります。

六つのSNSを使いこなせますか? アパレルメーカーのハニーズが成功させたSNS戦略を知りたい:MarkeZine(マーケジン)

 

無料ブログでも自前のブログでも、特徴があります。自社の特長やフェーズに合わせて検討してみてください。