岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

なぜ中小企業はコンテンツマーケティングを考えるべきなのか

「コンテンツマーケティング」という言葉を知っていますか?あるいは、どのようなものかうまく説明できるでしょうか?

コンテンツマーケティングと言う言葉はずいぶん前からよく聞くマーケティング用語です。ウェブマーケティングの中でも非常にメジャーな言葉だと言って良いでしょう。

Googleトレンドで見ても非常に最近検索数が多くなっているのが分かります。

google-trend-contents-marketing

 

コンテンツマーケティングとは何か

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本」によると、コンテンツマーケティングとは以下のように説明されています。

コンテンツマーケティングは、普段から買い手が興味をもってくれそうな情報を提供しつづけることによって、継続的に、買い手との接点を維持していくという戦略です。

つまり自社がメディアとなって、積極的にユーザーに役に立つ情報を発信することを指します。

このコンテンツマーケティングは、実は中小企業にとってとても相性が良いマーケティング手段だといえるのです。

 

中小企業はなぜコンテンツマーケティングに取り組むべきなのか

コンテンツマーケティングが、なぜ中小企業と相性が良いのかといえば、まず1つは、費用がかからないということにあります。何か特別なソフトウェアやサーバーを買う必要はありません。通常のウェブサイトとブログ機能があれば、明日からでも始めることができます。

もう一つはニッチな顧客にリーチすることができるというメリットが挙げられます。中小企業が取り扱っている製品やサービスは、ニッチなものが多いでしょう。そういうものでも必ず広い世界にはニーズがあるものです。今では検索でどんなウェブサイトも探すことができます。つまりニッチな検索キーワードであったとしても、それに合致するコンテンツを用意しておけば、ニッチな顧客が検索でッジシャのウェブサイトも探すことができるのです。

さらにコンテンツマーケティングでは、様々なコンテンツを蓄積して資産とすることができるのは大きなメリットとになります。どんな手段であれ広告の場合は、広告を配信した時の一過性のもので終わってしまいます。しかしコンテンツマーケティングであれば、顧客が望むタイミングで自社のウェブサイトにたどり着いてもらうことができます。そして情報増やせば増やすほど、その可能性は高まっていくわけです。僕としては、この蓄積効果がコンテンツマーケティング最大のメリットだと考えています。

実際にコンテンツマーケティングの事例として「いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本」で紹介されていたのは、中小企業であるバネの会社「東海バネ工業」の「ばね探訪」です。

bane-tanbo | Just another WordPress site

bane tanbo   Just another WordPress site

とってもニッチな情報ではありますが、それだけ深堀を質の高い情報を提供しており、専門家としての信頼性も感じられます。

 

デメリットも理解しないといけない

コンテンツマーケティングにもデメリットがあります。それをちゃんと理解をした上で取り組ましょう。

一つは成果が出るのに時間がかかることです。コンテンツマーケティングは成果が出るまでに非常に時間がかかります。膨大なウェブサイトんだから自社を探してもらうようになるには、検索エンジンからも認識してもらわなければいけないですし、それなりの量を積み重ねないと多くのユーザーに気づいてもらえません。時間がかかると言うことを前提に、最初は辛いかもしれませんが辛抱してやり続けることを書くをしましょう。

もう一つはコンテンツを考えるのが意外と難しいということです。どうしても自社のビジネスにすぐに結びつけたコンテンツを作成してしまいがちです。また、ユーザーのニーズや役に立つ情報というものを改めて考える機会が少なかったりすると、ユーザにとっては役に立たないあるいは嘘くさい情報になってしまいます。

顧客に改めてヒアリングをしたり、アクセス解析などから有望な検索ワードを確認してコンテンツ発想のヒントを得るようにしましょう。

 

コンテンツマーケティングは中小企業が、自社のビジネスを改めて再認識しつつユーザーの目線で考えるきっかけにもなるものです。広告などにあまり効果を感じられない方は、コンテンツマーケティングに取り組むことを考えてみてはいかがでしょうか。