岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

中小企業診断士が考える効果的なSEO対策やSNS活用とは

SEO対策やSNS活用の使い方を誤解していませんか?

「SEO対策」というと、「それをやれば絶対にGoogleで1位になれる!」と思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。世のまやかしというか誤解を説明しながら、中小企業診断士として考えるSEO対策をここに書きたいと思います。

 

無料ブログを利用するなら、目的を明確にしてから

「ブログはマーケティングに有効」という話が昔から多く、手軽に始められる、芸能人もやっている、という出発点から、無料ブログを始める企業が多くいます。

無料ブログ自体は、費用がかからず、手軽に始められる点で確かに有効です。専門的にいえば、SEOの観点からもブログ記事が上位に表示されやすいと言われています。

しかし、無料ブログは「他社の資産に間借りしている状態」であり、サービス停止や規約変更などで急にブログ停止に迫られるリスクがゼロでないことや、自社サイト内にブログを設けた方が長期的にはSEO上有利なこと、無料ブログは広告が表示されるなど企業イメージを損なう可能性があることなど、デメリットもあります。

そのため、無料ブログを利用するなら、お試しでやるか、そのブログでしかマーケティング上実現できない何かがある場合に、限定した方が良いでしょう。

SEO観点で見た「無料ブログ」について | Ladder Consulting

 

ブログはユーザーニーズに合致する記事を書く

ブログを書くとアクセスが伸びたり雄さんの興味を引きやすいというメリットがありますが、単に日記や宣伝だけを書いても読む人は何もメリットがないため、友人などが読んでくれるだけになってしまいます。

せっかく書くのであれば、ユーザのニーズを考えて書きましょう。アクセス解析でキーワードを辿りユーザーニーズを考えるなど、日頃の訓練が重要です。

中小企業のSEO対策に!自社サイトにユーザーを呼び込む「検索キーワード」を活用しよう | Ladder Consulting

 

ソーシャルメディアはターゲットユーザーに合うものから

SEO対策の亜流として、SNSの活用が挙げられます。「フェイスブックページを作ると売上が上がる!」みたいな安易な宣伝は減ってきたと思いますが、それでもSNSを使うと良いことあるかも、と漠然と思っている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

確かにソーシャルメディアは新しい顧客とのコミュニケーションチャネルであり、潜在顧客が自社のことを知ってくれる機会を作ることもできます。

しかし、ソーシャルメディアもサービスによって特徴があり、ユーザー層も異なりますので、自社サービスと相性が良いものを選んで運用する必要があります。

また、ソーシャルメディアはユーザーからの質問などのリアクションや、定期的な投稿をしていくなど、運用に手間がかかります。その手間をかけてでもソーシャルメディアを運用して、顧客とのつながりを設ける覚悟も必要です。

中小企業はマーケティングでFacebookやTwitterをどう使うべきか | Ladder Consulting

 

どの企業でもそうではありますが、特に中小企業は企業体力や経営資源に限りがありますので、効率的に効果あるマーケティング方法を選び、宣伝していく必要があります。上記のことを参考に、少しでも効果的なマーケティングが展開できたなら嬉しいです。