岐阜でアクセス解析に興味があればご連絡ください。岐阜を中心にITコンサルティングを行っています。

Webマーケティングの重要性を経営者に理解されない場合にどうするか?

Web担当者の皆様は、「もっとマーケティングなどにお金や人を投入して取り組んだ方がいいけど、経営者がなかなか理解してくれないんだよね」ってことありませんか?

経営者があまりITやWebに疎い場合に、なかなか取り組みが理解されません。実際にそういう会社様がありました。

ただ、ちょっと待ってみてください。確かにITやWebに疎いので理解されないということもありますが、経営者からすると、「Webマーケティングがどういう効果をもたらすかわからない」「競合他社もそんな取り組みをやってない」という点はないでしょうか?

 

Webマーケティングが理解できない経営者をどう説得するか?

経営者から見ると、効果が見えないものにお金や人を投資するのは勇気がいることです。すなわち、Webマーケティングの効果を経営者にわかるように説明する必要があります。

自社の置かれている状況、Webマーケティングの施策、その結果から期待できる効果を説明することが求められます。経営者に理解されない状況を変えていくためには、説得材料を作るしかありません。

 

その説得材料の一つは、Web戦略の作成が挙げられます。Web戦略は、競合企業の分析、今のWebサイトの運営状況、商材の特徴など様々な観点を踏まえて、立案します。また実行計画も合わせて作成することで、具体的な実行スケジュール、実行体制も明らかになります。さらに、実行した結果から得られる効果についても、経営に寄与する形で説明しなければいけません(ここが経営者にとっては一番重要な事項ですよね)。

説得材料のもう一つは、「すでに得られている結果」を、小さくても良いので実証することです。今でもWebサイトからでも問い合わせなどが来ているのであれば、それも十分な証拠でしょう。「今でもこれだけ問い合わせが来ていて、売上につながっている。もっと力を入れれば、問い合わせが増えるはずだ」と。

 

要は、以下のどちらかです。
* しっかりと戦略や計画を立てて、経営者から見ても説得あるものにする
* まずは小さな結果を作り、それをきっかけにする

お金や人の資源が限られている中小企業では、後者の方が取り組みやすいアプローチではないでしょうか。

 

まずは、やれるところからやろう

確かに効果が見えない中で、いきなり大きな投資をするのは難しいでしょう。そうなると、まずは小さく効果を出す方法を考えてみましょう。

経営者が気付いていないといことは、まだ競争が激しくない可能性もあります。その場合は、少しWebマーケティングに力を入れるだけでも効果は出るかもしれません。例えば、リスティング広告を少額で出してみても良いですし、ブログを始めてみたり、Facebookページを開設してみても良いでしょう。

まだウェブサイトを持っていない企業であれば、今や無料でここまで高品質なサイトを作ることもできます。

テンプレートも豊富!無料でホームページ作成が出来るサービス14選|ferret [フェレット]

 

確かに戦略を作り、ある程度お金をかけて広告を出稿したり、ウェブサイトをデザインして作成する方が成功確率は高まるかもしれません。しかし、お金をかければ必ず成功するわけでもありませんし、お金をかけなくても始められることもあります。

まずは、ちゃんと目的を持って、やれるところから始めてみるのが重要なのではないでしょうか。